天神花火大会の穴場・日程・チケット情報

MENU

日本三大祭のひとつ、大阪の夏の風物詩・天神祭。

 

大川をさかのぼる船渡御という神事を行い、天神様(菅原道真公)の霊を沈めて平安を願う天神祭のラストを飾るスペシャルイベントが天神祭奉納花火こと天神花火大会です。

 

大川の水面に浮かぶ100隻を超える船渡御の船団、そちらに煌々と灯されたかがり火と、大阪の夜空に咲いた色とりどりの花火のコントラストは一度見たら忘れることが出来ない事でしょう。

 

ここではそんな天神花火大会を楽しむための日程・チケット情報と、穴場ビューポイントについてレポートしていきたいと思います。

 

天神祭奉納花火の日程は毎年固定の7月25日!

 

天神祭は毎年7月24日・25日の2日間に渡って行われます。

 

花火は25日の夜19時から21時に大阪市北区の桜之宮公園グランドや川崎公園で打ち上げられます。

 

発数は5000発、最初の見どころは菅原道真公と大宰府天満宮の逸話をモチーフにした梅鉢形に開く花火「紅梅」です。

 

また、あの金鳥蚊取り線香でおなじみの文字仕掛け花火も、ここ天神祭の名物です。

 

(実際に金鳥のCMで使われているのも天神祭の仕掛け花火の映像です)

 

そして、先ほどお伝えした船渡御の大船団と打ち上げ花火の競演と、天神花火大会は見どころ満載の大会です。

 

天神花火大会のチケットは無し!しっかり見たいなら穴場を押さえておきましょう

 

天神花火大会のコンセプトは「奉納花火」、そのためなのか花火専用の有料観覧席やチケットはありません。

 

船渡御を観覧することが出来る席は用意されていますが、そちらでは花火がほとんど見えないのでご注意ください。

 

そこで知っておきたいのが、天神花火大会の穴場ビュースポットです!

 

特にこの花火大会では、「橋」で観覧するのがおすすめですよ。

 

おすすめ橋@ 源八橋(都島区中野町4丁目、JR桜ノ宮駅そば)

 

打ち上げ会場近くなので、間近で花火を楽しむことができます。

 

おすすめ橋A 都島橋(都島区都島本通1丁目、JR桜ノ宮駅近く)

 

大阪城とともに花火を楽しむのならここですね!比較的すいていますが、会場からは少し離れています。

 

おすすめ橋B 川崎橋(都島区網島町1丁目付近JR大阪城北詰駅近く)

 

車は通れない自転車・歩行者専用橋。

 

そのため車が来て危ないということが無く、小さいお子様連れにもおすすめの場所ですよ。

 

ただし、会場からは少し離れています。

 

天神花火大会を見る有名なスポットもご紹介!

 

有料席がない天神花火大会ですので、今回は有名なビューポイントもレポートしておきます。

 

こちらのポイントは混み合うこと必須ですので、準備万端でお出かけください!

 

打ち上げ会場の桜ノ宮公園と川崎公園、どちらの花火も見えるので人気の花火観覧ポイントです。

 

こちらの混雑はおそらく天神花火一ではないでしょうか?ぎゅうぎゅう詰めで行きも出来ないほどの大混雑ですが、花火の美しさは圧巻です。。

 

・桜之宮公園(都島区中野町1丁目付近JR桜ノ宮近く)

 

屋台があるので、お祭りの楽しさを味わうならばここを外すわけにはいかない花火ビューポイントです。

 

ここでは場所取りをどう攻略するかが重要ですが、15時半ころにはお出かけして場所取りしておけばまず心配ないでしょう。

 

他にも、大阪のシティホテルやビルの展望台などでも天神花火大会を楽しめるポイントは多くあります。

 

優雅なディナーを楽しみながらゆっくり花火を見る、というのもいいですね!