琵琶湖花火大会の穴場・日程・チケット情報

MENU

滋賀県といえば、県の面積の1/6を占める巨大湖です。

 

というと「え!意外と琵琶湖って小さいのね!!」と思う方も多いのだとか。

 

確かに地図で見て見ると、2/3が湖のように見える描写がされている場合が多いのです。

 

もしかしてそれは、滋賀県にとーっての琵琶湖の存在感のイメージが表れているというこの表れかもしれないですね。

 

河川敷や海辺で上がる花火とは違った、自然豊かな木々に囲まれている湖ならではの打ち上げ花火のデザインはとても秀逸!

 

琵琶湖の湖面にアーチ状に弧を描く水中スターマイン花火や、水面を光の矢が飛ぶようなななめ打ち上げの花火は、一度見たら忘れられない美しさです。

 

今回はそんな滋賀の母なる湖・琵琶湖の夏のイベント「びわ湖大花火大会」についてまとめてみました。

 

特に気になる日程や打ち上げ時間、チケット情報や穴場ビュースポットについてもレポします。

 

琵琶湖花火大会「びわ湖大花火大会」の日程の決め方が面白い!

 

「びわ湖大花火大会」の日程ですが、実は毎年8月8日と決まっています。

 

しかも全国でも珍しい、平日開催にこだわった花火大会で、8月8日が土日に重なる場合はその前の金曜日に「びわ湖大花火大会」は開催されるという徹底ぶり!!

 

というのも土日開催になってしまうと多くの観覧希望者が押し寄せてしまい、事故の危険があるためあえてそうしているそうです。

 

ちなみに2015年は8月8日が土曜日なので、8月7日に「びわ湖大花火大会」が開催されることが決定しています。

 

また、こういう場合にもし荒天で順延したら…なのですが、「びわ湖大花火大会」はその点も徹底していて、8月10日の月曜日が打ち上げ予備日となっています。

 

花火の打ち上げ時間ですが、19時30分 にスタート、1時間の間に10000発の花火が夜空に咲き乱れます。

 

スターマインをはじめ、大型の10号玉もドカンドカン上がり続ける琵琶湖花火大会は、動員人数も35万人を集める、期待度も迫力も見応えも満点の花火大会です。

 

「びわ湖大花火大会」のチケット情報まとめ!

 

「びわ湖大花火大会」の有料席を事前に手に入れるには

 

・JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行の窓口で購入

 

・チケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケット、ウォーカープラスチケットなどの各種プレイガイドで購入

 

・滋賀県内の販売所で直接購入

 

の3つの方法で入手できます。

 

発売開始は例年7月1日前後からで、電話や郵便電受け付けはしていないので注意してください。

 

また、滋賀県内の販売所で購入時は、ニコニコ現金引換えですので、お忘れなくご準備くださいね。

 

有料席葉全席指のお値段は前売券3,800円、当日券4,300円でお子様も同じお値段となります(3歳未満は無料)

 

琵琶湖畔のブロックごとに「マリーナ」「ターミナル」「アルファベットブロック」「ひらがなブロック」「そして後方琵琶湖ホテル横の「アーカス」と各席に分かれているのですが、それでもチケット金額が同じです。

 

事前に座席配置図でどの席がいいのかをチェックしてからチケットを買うといいですね。

 

おすすめは、水面をしっかり見渡せるアリーナ席とターミナル席、そしてアルファベットゾーンです。

 

というのも「びわ湖大花火大会」の打ち上げ場所は琵琶湖沖だからです。

 

もちろん人気も高いので、早めにゲットしましょう!

 

また、どうしても前売りが変えなかった!という方のために当日券も販売しています。

 

販売場所はJR大津駅前の日本旅行、または会場内の有料観覧席近くに設営されている券売所にて買うことが可能です。

 

 

びわ湖花火大会の穴場スポット

 

びわ湖花火大会の人出は、平日開催にも関わらず35万人と大変多いです。

 

もし有料席券が無い場合に。ただふらりとお出かけしては混雑に飲まれて疲れてしまうことが予想されますよね。

 

ここではそんな時でも安心!のびわ湖花火大会の穴場スポットをいくつかご紹介します。

 

びわ湖花火大会の穴場攻略法のキーワードは「車」です。

 

車で効率的に移動することにより、打ち上げ場所近くをしのぐ快適な花火観覧を実現することが出来るのです!

 

@矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

 

ここは打ち上げ会場の反対側岸になるので、見やすくしかも人があまりいないので空いています!

 

何故空いているのかと言いますと、駅から遠くて車で移動が必須となるからです。

 

それでいて意外と近くに見えるのでお勧めですよ

 

A比叡山ドライブウェイ(夢見が丘駐車場展望台)

 

比叡山ドライブウェイに入り、夢見が丘駐車場に車を停めます。

 

夢見が丘駐車場の展望台は琵琶湖の景色が一望出来るので、昼間はもとより夜の花火観覧にも最高の場所ですよ。

 

トイレもカフェもあるので女性にも嬉しい場所です。

 

 

B名神高速大津サービスエリア、大津サービスエリア

 

こちらの2カ所とも琵琶湖の景色が一望できて、オススメの場所です。

 

ただ、間近で見るような迫力には欠けてしまうのと、角度によっては花火すべてを見ることが出来無いというデメリットがあります。

 

大津サービスエリアには有料席があります。

 

Cアル・プラザ瀬田店 大津市月輪1-3-8

 

ショッピングセンター、アル・プラザ瀬田店(大津市内)の屋上は、花火大会の日に解放されていますのでここも穴場です。

 

琵琶湖からは少し離れているのですが、花火の音も姿もしっかり堪能出来ていいですよ。

 

屋台やゲームコーナーも設営されているので、お祭り気分も盛り上がります。